北海道で医師がアルバイトを探すときは、道外からの医師とのスピード勝負を意識しなければなりません。

 

案件によっては「道外からの応募も可能。飛行機代は支給します」と募集している場合もあるためです。

 

ここでは、交通の便が良く、とくに人気の高い札幌市でのアルバイトを探している方へ、おすすめの医師専門求人サイトとバイト探しの注意点をご紹介します。

 

札幌市でアルバイトを見つけるのにおすすめのサイト

札幌市保健福祉局の発表によると、札幌市は他の政令指定都市と比べると医師の数が極端に少なく、反して患者数は多い傾向にあるそうです。

 

そのため、どんな診療科の医師でもアルバイトを探すのに困ることはなさそうですが、できれば条件の良い案件につきたいものです。

 

求人数や最高日給額に注目して、医師がアルバイトを探すのにおすすめの医師専門求人サイトを3社ご紹介します。

 

※使用したデータは2019年2月21日のものです。

 

医師バイトドットコム

 

求人件数:1,068件 最高日給 88,000円(非常勤)、80,000円(スポット)

 

医師バイトドットコム最大の特徴は、他の医師専門求人サイトに圧倒的な差をつけるほど求人数が多いことです。

 

また、運営会社の株式会社 メディウェルは北海道札幌市に本社を置き、創業依頼、医療施設の経営コンサルティングなどを行ってきた会社です。

 

そのため札幌市内の各病院との情報ネットワークや信頼が確立しており、札幌市で良い求人情報を探すときは、医師バイトドットコムのチェックが欠かせません。

 

日勤・病棟管理・在宅医療・読影業務・オンコール待機など募集業務もさまざまなので、自分に合った働き方を見つけられます。

 

最高給料は220,000円でしたが、日当直の募集だったため、日給での最高金額に限定すると88,000円(非常勤)・80,000円(スポット)です。

 

Dr.アルなび

 

求人件数:155件 最高日給 100,000円(非常勤)、50,000円(スポット)

 

Dr.アルなびは、健診の求人数が155件と少ないながら、勤務時間に特徴のある求人情報を多く取り扱っている点で、他社サイトとは別の活用ができそうなサイトです。

 

募集内容は道外からの通勤を念頭に入れた数日間連続勤務が多く、1日あたりの勤務時間は早朝から正午までの5時間前後のものが目立ちました。

 

また、連続勤務の場合、札幌市以外の市で勤務する日も含まれている案件が複数あり、遠方の例をあげると青森県との往復勤務の募集もありました。

 

最高日給は、2019年2月現在の情報で唯一10,000円超えとなりましたが、日給も勤務地や勤務時間も、いつでもこのような求人が見つかるわけではないため、参考程度に留めておきましょう。

 

時短勤務や複数地域をまたぐ勤務スケジュールに興味がある方は、求人数の多い医師バイトドットコムと併用して活用すると、面白い求人に出会えるチャンスが増えます。

 

マイナビDoctor

 

求人件数:18件 最高日給:80,000円(非常勤)、--円(スポット)

 

マイナビDoctorは、医師バイトドットコムの50分の1程度の求人数しかヒットしませんでした。

 

スポットでの求人は調べた時点では皆無で、非常勤のアルバイト募集がわずかに見つかりました。

 

求人情報の傾向としては、フルタイムと時短勤務の募集が半々といったところで、中には時給換算で10,000円を超える時短勤務の求人もありました。

 

時給で条件を提示している案件もあるため、求人情報を見る際は実際の拘束時間と給与の総額をチェックし、日給が少ない案件に注意しましょう。

 

少ない求人数ですが、時短勤務での求人情報も掲載されているので、時短勤務を希望の方は、医師バイトドットコムと併用してみてはいかがでしょうか。

 

札幌市内での医師アルバイトでチェックすべきポイント

札幌市保健福祉局が札幌市で働く医師へのアンケートを行ったところ、現場の医師が課題と感じていることで多くあげられていたのが、患者数と医師数のバランスでした。

 

病床ありの病院で勤務する医師は『患者数の増加』による患者ひとりあたりの診療時間が短くなる点を、病床なしの医師は『患者数の減少』をほぼ同じ割合で問題にあげています。

 

この事実から、札幌市内の医師のアルバイトは、患者が集中しやすい病床ありの病院を中心に探すと多く見つかりそうです。

 

その他、札幌市に限定してアルバイトを探す際は、以下の点に注意して求人サイトをチェックしましょう。

  • 募集施設の所在地と勤務地が異なる場合あり
  • 基本的に早いもの勝ち
  • 近隣在住者が優遇される求人もあり
  • 求人サイトによって募集内容の傾向が異なる
  • 冬は地下鉄で通える距離を中心に探す

多くの求人サイトでは、エリア別で求人情報をチェックしようとすると、都道府県レベルでしか検索できません。

 

札幌市内での勤務を希望する場合は、フリーキーワード検索で『札幌』を指定して検索する必要がありますが、ここが要注意ポイントでもあります。

 

ヒットした求人情報をよく見てみると、募集している医療機関などの所在地は札幌市内でも、実際の勤務地が他の地域になっている場合が珍しくないのです。

 

たとえば『札幌市近郊』扱いで近隣の江別市や北広島市、石狩市が含まれていたり、連続勤務でのスポット求人では、「1日目は札幌市、2日目は帯広市」という複数地域で勤務する求人も見つかります。

 

求人情報の詳細や勤務スケジュールを隅々までチェックし、希望する勤務地に該当しないものへ応募してしまわないよう注意しましょう。

 

札幌市に限らず、求人は基本的に早いもの勝ちですが、北海道の場合、道外からもアルバイト希望者が応募してくるため、事情が少しばかり異なります。

 

飛行機代支給ありの求人では、コスト削減のために後から応募してきた近隣の医師を優先して採用することも多いため、早いもの勝ちを基本としつつ、融通のきく求人も見つかりやすいのです。

 

求人サイトによって掲載求人に一種の傾向が見える場合は、自分の求める求人が多く掲載されていそうなサイトを中心に探しましょう。

 

加えて、札幌独自の気候と交通事情も考慮し、冬は比較的スケジュールに影響の少ない地下鉄で通勤できる勤務先を探すことをおすすめします。